FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RSSRSSに登録して「はぐはぐ」の新着情報をget♪
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

同じことを何度も聞く子ども

うちのちびは 毎日のように 「今日は何曜日?」「明日は何日?」と聞きます
小学校に入学してからくらいからかな~
ちょっとうんざりするぐらい・・・どんなふうに受け答えればいいのか悩んでます

こんなふうに 同じことを何度も聞く子どもに 悩んでおられるお母さんも少なくないのでは・・・

上手な答え方を検索してみました。参考にしてみて下さい

子どもが具体的に理解できるような工夫を

子どもは大好きなママを怒らせようと思って、同じ質問を繰り返すほどの知能犯ではありません。「何回同じ質問するの!」と叱るより、イライラしてしまうママの気持ちを相手にわかりやすく伝えてみるのもひとつの方法です。

「毎日同じ質問されると、ママの説明が悪くてわかってもらえないのかと思って、悲しくなるよ。どんな工夫をしたら同じことを聞かなくなるか、二人で考えてみない?」などと話して以下の内容などや、思いつくことを確認してみましょう。この時に子どもを追い詰めるような口調や怖い顔は厳禁です。穏やかな口調や微笑があれば最高です。笑えない気持ちでも、改善のために演技で微笑む努力をお試しください。

1、子どもの気質が小心な為に、何度も確認したい場合
心配性は「成長と共に改善される」と暗示をかけてあげましょう。「大丈夫だよ、心配ならママに何度聞いても教えてあげるからね」と安心させることは、意外に思われるでしょうが、かえって症状が軽減されてくる場合が多いものです。原因は「子どもが心配性」と理解できることで、ママのイライラも減ってきます。相手が持っている問題には、自分がイライラしてもしかた無いのだと冷静になれます。過去と相手には変えられないものです。変えられないのはいつも自分の気持ちです。

2、着替えのタイミングを間違えて嫌な場面を体験したトラウマがある場合
「着替えのことを何度も聞くけど、何か困ったことがあったの?」とゆっくり話を聞いてあげる。ゆったり出来る寝る前など、タイミングを見計らって話し合ってみませんか?子どもが「親が自分としっかり向き合ってくれている」という実感がもてるように、アイ・メッセージで話し合うのがポイントです。

3、聴覚から入る情報が理解しにくい場合
何度も同じ質問をするのは、「言った内容が理解出来ていないから?」と叱る前に様子を観察してみましょう。視覚からの情報なら理解できる場合もあります。軽度発達障害の場合など、聴覚からの情報処理能力が働いてないことがあります。日々のスケジュール管理をカレンダーに色シールを貼るなど、子どもにあった方法を探し、本人に自身を持たせることで、徐々に行動が安定してきます。

子どもの行動の表面だけで評価せずに、「なんでそうなるのかな?」という裏に隠れる気持ちを意味を思いやる姿勢を持ちたいですね。焦る気持ちはかえって状況を悪くします。「急がば回れ」先人の素晴らしい教訓を思い出してみませんか。

なるほど~もう少し奥の気持ちまで 探ってみたらよかったかも・・・
今晩、お布団に入るときに じっくり聞いてみることにします







RSSRSSに登録して「はぐはぐ」の新着情報をget♪
[ 2010/05/27 12:19 ] はぐはぐstaffのつぶやき | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

はぐはぐstaff

Author:はぐはぐstaff
このブログは2010年10月31日をもって、NPO法人めいわ市民活動サポートセンターのブログへ移転します。
http://hearvo.blog79.fc2.com/

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
キボウのカケラ
KDDIのワンクリック募金です。 1クリック=1円で皆さんの代わりに企業がNGO団体へ寄付します。チャイルドラインへの支援もありますので、1日1クリックのご協力お願いします。
最近のコメント
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

rakuten

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。