FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RSSRSSに登録して「はぐはぐ」の新着情報をget♪
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

子どもの危険を防ぐには

「もう悩まないチビのしつけ相談室」子供を危険にさらさないための親の心得というサイトを見つけました。
読んでいたら なるほどと 納得しましたので そのまま紹介しますね。

.私には、6歳になる息子がいます。この子がやんちゃでいつも自動車事故に遭わないか・・友達と喧嘩していないか・・誰かに迷惑かけていないか・・いろいろなことが心配で仕方ありません。

しかし、もちろん24時間子供につきそうわけにはいかないのはわかっています。日常生活の中で、かつ私のできる範囲でどうすれば子供の失敗や危険を防ぐように注意できるでしょうか?

プラス思考で子供の安全を
.意識を否定的なことから、肯定的なことに移してください。危険なことが心配になったら安全について考えてください。

子供の仕事は一体なんだと思いますか?それは親に保護されることが一番の仕事。人は心理的に「生きる」ことを最優先して行動します。ですから子供は心理的に親に保護されることをもっとも重要と考えて行動します。心の中で「親から保護してもらえないと命の危険がある」と察知しているんですね。

その代わり、親に保護されるために子供は親の期待に応えようとしています。子供や親がそのことに気づいているかどうかには関係なく。深層心理で親の期待に応えることを子供は大切だと考えて行動します。親の期待の応えていれば、親から見離されることはないという心理が子供の心に働いているのです。

「危険」のイメージと深層心理
さて、これが子供の危険を防ぐことにどんな関係があるのかと思われるかもしれません。もし親が子供の危険なことばかり考えていたら、子供はどのように感じるのでしょうか?あるいわ子供の危険についてばかり心配していると、親はどんなアドバイスを子供にするでしょう

心配するあまりに「自動車事故に気をつけなさい」「友達と喧嘩しちゃいけません」などと子供に言うと子供は事故のことや喧嘩のことばかり考えるようになります。

人の脳は否定的なことを考えるため、肯定的なことをイメージしなければいけません。「ピンクの水玉模様のイルカを創造しないでください」と言われると、なぜか人は創造しないわけにはいきません。考えないようにするためには、そのことをまず創造しなければいけなくなってしまうからです。

心理学的には人の心はイメージしたことを実現しようとしています。親が危険について注意すればするほど、子供は不思議なことに危険を実現させようとします。それは親が危険を期待しているんだと子供は察知して、その期待に応えようとします。

「危険」ではなく「安全」のイメージを
子供の危険について心配になったら安全について考えるようにします。「道の真ん中を歩くと危険だからね」と注意するかわりの「道の端を歩くと安全だよ」と注意することで、子供を安全な方向に導くことができます。

どんなことでも同じです。「友達と喧嘩しちゃだめよ」というかわりに「友達と仲良くしなさいね」といことが子供の危険を回避するコツです。ちょっと言い回しを変えるだけで人はポジティブにもネガティブにもなりえるのです。

うちにも小学校2年生と6年生のやんちゃ盛りの男の子がいるので すごく参考になりました
親の気持ちや考えをポジティブに切り替えて子供には話していきたいと思います
RSSRSSに登録して「はぐはぐ」の新着情報をget♪
[ 2010/04/28 09:47 ] おすすめサイト | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

はぐはぐstaff

Author:はぐはぐstaff
このブログは2010年10月31日をもって、NPO法人めいわ市民活動サポートセンターのブログへ移転します。
http://hearvo.blog79.fc2.com/

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
キボウのカケラ
KDDIのワンクリック募金です。 1クリック=1円で皆さんの代わりに企業がNGO団体へ寄付します。チャイルドラインへの支援もありますので、1日1クリックのご協力お願いします。
最近のコメント
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

rakuten

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。