FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RSSRSSに登録して「はぐはぐ」の新着情報をget♪
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

子どもの病気・体験記:新型?インフルエンザ

全国的に猛威を振るうインフルエンザjumee☆flu1
そろそろ季節型のインフルエンザも流行し始めたようで、はぐはぐstaff1号の長男は二度目の学年閉鎖中
今回はそんな我が家での今年初インフルエンザ罹患のお話です。。。



我が家の長男、小学6年生です。幼稚園や小学校低学年にちらほらインフルエンザ罹患の声が聞こえる中、何とか修学旅行も全員無事に行けたようでやれやれと一息…それはやってきたのです…

修学旅行から帰ったのが金曜日の夕方。
土曜日・日曜日の午前と元気に過ごし、昼食を食べて遊びに飛びだしたはずの長男が珍しく『なんかだるいわ~』と帰宅。
その時は熱はなく、修学旅行の疲れかも?なんて笑っていたのですが、2時間後には39度婦人体温計
休日診療所に電話しましたが、
『今インフルエンザ疑いの患者でごった返しているので、夜の部まで待ってもらうか…様子が落ち着いていれば月曜日にかかりつけに行ってください』
と言われ、熱は高いものの食事は摂れたので一晩様子を見ることに

翌月曜日の朝、相変わらず39度台の発熱と、少しの咳・鼻水。
かかりつけの小児科で検査の結果、インフルエンザA型と判明・・・さらに検査はしないけれど時期的に新型でしょう、とのことでした。
『なるべく解熱剤は使わないで。でも様子がおかしいと思ったらすぐ連絡して』と言われ、リレンザと対症薬をもらって帰宅しました。
薬を飲ませて様子を見ているうち、フードファイターな長男から『食欲がない』とのお言葉が
そのうち関節の痛みを訴えだし、うとうとする合間に少しずつ水分を取る状態に。
その日は最高で40度まで熱が上がり、解熱剤を服用させても下がらないのでわきの下やソケイ部(足の付け根)を凍らせたペットボトルで冷やしつつ…
時々、眠っていたのにガバっとベッドから起きたり、降りようとしたり
『足いーたーいーっっ』などと叫ぶので
これは熱のせいか薬のせいか!?と慄きつつも、話しかければ返事はちゃんと返ってくるので様子を見つつ一晩眠れぬ夜を過ごしました。
明け方になって急に36度までがくんと解熱し、今度は吐き気と下痢が襲来
朝一番に再びかかりつけに受診し、点滴を受けてようやく長男の顔が穏やかになってほっと一息。。。
医師曰く、『新型はお腹の症状を訴える子が多いように思う』とのこと。

結局熱はそれから上がらなかったものの、吐き気は1日・下痢は2日続き、ちょっとだけスリムになった長男でした(すぐリバウンドしたらしいですが)
幸いにも弟妹や家族にうつることもなく、結果としては軽く済んだのかもしれません。


これはあくまでも我が家の体験談です。
私は夜間を自宅で乗り切りましたが、それは自分を含め他の家族が発症していなかったり、また長男の年齢や体力にも関係していると思います。
看護士資格を有していますが、それでも不安だったのは事実です。

インフルエンザと診断されたら医師の指示に従い、また状態が急変した場合の対処を必ず確認してください。
インフルエンザ治療薬の服用の有無に関わらず、発熱中及び服用中(最低2日間)はできる限りお子さんを一人にしないでください。
インフルエンザに禁忌の解熱剤があります。手持ちの解熱剤(以前に処方された頓服薬など)を自己判断で使用せず、必ず確認してください。
発病したお子さんを看護される方は、ご自分及び他の家族への感染拡大予防に留意してください。

厚生労働省:新型インフルエンザ入門に自宅療養の注意点など詳しく掲載されていますので参考にしてくださいね。
RSSRSSに登録して「はぐはぐ」の新着情報をget♪
[ 2009/12/07 12:02 ] 子どもと病気・体験記 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

はぐはぐstaff

Author:はぐはぐstaff
このブログは2010年10月31日をもって、NPO法人めいわ市民活動サポートセンターのブログへ移転します。
http://hearvo.blog79.fc2.com/

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
キボウのカケラ
KDDIのワンクリック募金です。 1クリック=1円で皆さんの代わりに企業がNGO団体へ寄付します。チャイルドラインへの支援もありますので、1日1クリックのご協力お願いします。
最近のコメント
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

rakuten

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。