FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RSSRSSに登録して「はぐはぐ」の新着情報をget♪
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

皆既日食

2009年7月22日には皆既日食が起こります。

「日食」は太陽の一部分、もしくは全部が月によって覆い隠されるのが「皆既日食」です。
日本の陸地で観測できるのは、1963年7月21日の北海道東部で観測できて以来、実
に46年ぶりです。

次回は2035年9月2日の北陸・北関東などで見られるいうのが、26年後です。
26年後って 私は何歳になっているにだろうか?と考えられたかと思います。
いかに珍しい現象であるかお分かりになったと思います。

ぜひ親子で日食の観察をしていただきたいと思います。
この貴重な体験は親子にとって一生の宝ものになるはずです。

また、今回の皆既日食は21世紀中に4回しか起こらないという
皆既継続時間が6分超える日食であるため注目度も高くなっています。

最も大きくかける時間帯の前後約1時間、つまり2時間ほどのあいだ、
日食を楽しむことができます。

名古屋:  食の最大時刻 AM11:07  最大食分 約79%

三重県に住む方は 名古屋を参考してみてくださいね。

日食観察時に、絶対にやってはいけないこと

約束を守らないと、視力を失う危険性もあります

1.肉眼で太陽を見るのはダメ

2.サングラスやゴーグルで見るのはダメ

3.黒い下敷きで見るのはダメ

4.感光フィルムで見るのはダメ

5.望遠鏡or双眼鏡で見るのはダメ(日食グラスと組み合わせることもダメ)

6.ススをつけたガラス板で見るのはダメ

7.日食グラスをつけたまま歩き回ったり、自転車に乗ってはダメ

8.日食グラスを使っても長時間見るのはダメ

安全に観察するためには専用グッズの使用を

太陽の光は大変強いため、肉眼で直接見つめることはたとえわずかな時間でも
目に大きなダメージを及ばす危険性があります。

またサングラスなどをしていても有害な紫外線は遮ることはできません。
目には大きな障害をもたさす危険性もあります。

◎日食を安全に楽しむ方法

●専用の日食グラスを使う

日食専用として、さまざまな日食グラスが発売されています。
製品の説明書に書かれた使用上の注意をよく読んで、安全
に観察するよう心がけてください。

専用の日食グラスは、紫外線や赤外線といった有害な光線
も弱めてはいますが、それらを、100%さえぎることはできま
せん。続けて観察するのは2~3分を限度とし、適度に目を
休めながら行いましょう。

観察の際は、太陽光が目に入るのを防ぐため、ツバのある
帽子をかぶりましょう


7月22日は晴れるといいですね















RSSRSSに登録して「はぐはぐ」の新着情報をget♪
[ 2009/07/14 11:20 ] はぐはぐstaffのつぶやき | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

はぐはぐstaff

Author:はぐはぐstaff
このブログは2010年10月31日をもって、NPO法人めいわ市民活動サポートセンターのブログへ移転します。
http://hearvo.blog79.fc2.com/

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
キボウのカケラ
KDDIのワンクリック募金です。 1クリック=1円で皆さんの代わりに企業がNGO団体へ寄付します。チャイルドラインへの支援もありますので、1日1クリックのご協力お願いします。
最近のコメント
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

rakuten

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。